So-net無料ブログ作成
検索選択

滋賀 琵琶湖と星 [星空]

DSC_7668.jpg

北の方、長浜の南浜という湖岸にて。

思ったよりも湖岸のあかりが明るいですね。
湖岸道路を車も走るので、仕方ないですね。

思いがけず、ちょっと綺麗な琵琶湖写真になりました(星が殆どないけど)

DSC_7671.jpg

どちらも南の空です。
1枚目が東寄り、2枚目が西寄りです。
琵琶湖、意外に明るいなー^^;

DSC_7649.jpg

浜で後ろにあった木の上を狙ってみました。
すぐ右下に街灯があるのでなんとか木で遮るようにして。

諦めて京都への帰り道、大中というところが田んぼと畑が広がり良さそうなので寄り道。
暗いと思っていましたが、意外にこれまた灯りがあるものですね。

DSC_7677.jpg

オリオン座、なんとか撮れましたかね^^;

DSC_7689.jpg

真上に向けて、なるべく灯りを避けて。
少し天の川らしきものが。

滋賀でもそこそこ撮れるものですね。
今度はもう少し北の方を目指してみたいと思います。

沖縄での初挑戦 星空 [星空]

夫の休暇が残っていたので、先月末、この時期少し安く行ける沖縄に行ってきました。

まず、沖縄でしてみたかったこと。
それが星空撮影

一泊目、ホテル、アリビナのビーチで初挑戦。

DSC_5929.jpg

後でみるとピントが甘かった...orz

DSC_5937.jpg

まぁ、初めてだし、仕方ないかな^^;

そして2泊目、これもホテルの前のオクマビーチで。

DSC_6491_01.jpg

偶然にも流れ星が!さぁ、みなさん、願い事を!

DSC_6509_01.jpg

やはりホテル周辺はあかりが多いですね。
なんとか現像の時にあかりを抑えて...。
無理矢理ですが、天の川が見れました。

DSC_6522_01.jpg

後ろの建物の陰なら光を遮れるかと。

DSC_6547_01.jpg


北海道の時のように、旅のしおりを作る準備がなかったもので、
行き先も撮影方法も行ってから検索という無茶な旅でした。

しかも、いつも使っている三脚を車に忘れたまま、競馬場での事故で車を修理に出してしまい、
修理中の旅でしたので、仕方なくネジがひとつ失くなっているポンコツ三脚持参。

広角は純正の18-35ミリ F3.5~4.5使用。

あとはLightroomの現像でなんとか。

でも、あとでどうしようもなかったのは、やはりある程度好感度で撮らないと、
なかなか天の川の再現はできないということ。
荒れるのが嫌でISOを1600〜3200にしていましたが、6400くらいにしても良かったのかもしれません。
あと、天の川の方向など事前に調べたり、アプリを使うことも次回の課題です。

フィルターは使いませんでしたが、セロハンなどで手作りしている方もあったり、とキタムラの店員さんが話してらしたので、そういうことも今後は考えてみようと思います。

沖縄旅の記事は、来月あたりから出していこうと思います。

清水寺 [紅葉]

DSC_8382.jpg

清水寺といえば、お約束のアングルですね。

DSC_8361.jpg

かなり散ってしまったようですが、それでもまだ綺麗です。

DSC_5122.jpg

DSC_8416.jpg

DSC_8398.jpg

春ころにもブルーシートがありましたが、平成31年まで補修工事が続くようで、
噂ですが舞台下ももうすぐ工事だとか?
訪れた際に工事中だと興醒めしちゃいますね。

DSC_8388.jpg

DSC_5128.jpg

DSC_8387.jpg

ここは大混雑なので、行くつもりはしてなかったのですが、
せっかくの晴天、夫が行ってみようかというので、茶碗坂の方から自転車で行きました。
広いので、お庭に出てしまえばさほど混雑は感じられず、気持ち良く過ごせました。
ま、舞台の上は凄いですけど。
夜、ライトアップもしているので、今からならライトアップの方が綺麗かもしれませんね。

1年を表す漢字ひと文字が有名ですが、箱が置いてありましたよ。
みなさんは平成28年、選ぶならどんな漢字でしょう。

西本願寺 [紅葉]

DSC_8334.jpg

DSC_5107.jpg

DSC_8341.jpg

DSC_5106.jpg

DSC_8359.jpg

DSC_5114.jpg

DSC_8345.jpg

DSC_8356.jpg

DSC_8351.jpg

西本願寺には、左右2本の銀杏の大木があります。
それはそれは大きな銀杏です。

いつももっと黄金色な印象なんですが、意外と遅いようですね。

この一週間前がこちら。

DSC_7859-2.jpg

早朝に朝日に照らされる銀杏を、と訪れたのですが、青かった...^^;
そして、あまりかわりませんね。

横に大きい方の木は一週間でかなり黄色くなりましたよ。
こちらが一週間前です。

DSC_4775-2.jpg

西本願寺は、東本願寺に比べて風格があるように思います。
特にこの銀杏の美しい時期、一度いらしてみてください。

金蔵寺 [紅葉]

DSC_8325.jpg

山奥の金蔵寺、二度と行くまいと思っていた、いえ、次は徒歩でと決めていた場所ですが、
夫を連れ出し途中まで車で(あまりの道の狭さに叱られ^^;)
途中から登山道(これまた、こんな道無き道を歩かせやがってと叱られ^^;)

DSC_8268.jpg

無理矢理付き合わせて辿り着いた寺の紅葉は、既に終わりかけでした。

DSC_5077.jpg

DSC_5082.jpg

まぁ、散ってもここは美しかったです。

DSC_8275.jpg

DSC_8280.jpg

DSC_5048.jpg

DSC_8315.jpg

DSC_8313.jpg

DSC_5042.jpg

そしてさらに奥へ。

DSC_8294.jpg

抜けた先には、京都の町並みと山々。

DSC_5060.jpg

DSC_5058.jpg

自然の中に溶け込む寺の佇まいが、ここの魅力です。

善峯寺 [紅葉]

京都の西、善峯寺の紅葉です。

DSC_8118.jpg

DSC_8135.jpg

DSC_8098.jpg

それはそれは素晴らしいグラデーションです。

DSC_5013.jpg

DSC_4978.jpg

ここは、山の上の方にあって、車かバスで相当登ってきます。

DSC_8146.jpg

DSC_8176.jpg

お寺の門をくぐってからも、とにかく登ります。

DSC_8192.jpg

自然の山の風景です。

DSC_5005.jpg

DSC_8214.jpg

さらに頂上に行くと...

DSC_8206.jpg

DSC_8208.jpg

なんと、京都の町並みが眼下に広がり、
西山の自然の紅葉が見渡す限り!
絶景です!

DSC_4962-2.jpg

DSC_4997-2.jpg

山の空気はとても気持ち良かったです。

途中に、以前、ある釣り好き俳優のご自宅だったお家があります。
カジキマグロのオブジェが目印です^^;
引っ越す前に住んでいたところも、その俳優さんの前のお宅があったご近所でした。
地元でも様々な伝説をお持ちです^^

東福寺 [紅葉]

DSC_8071.jpg

向こうに見えるのは通天橋です。

DSC_4786.jpg

DSC_4785.jpg

DSC_4899.jpg

DSC_4816.jpg

奥に見えるのは臥雲橋です。

DSC_8052.jpg

DSC_4788.jpg

DSC_4925.jpg

11/18の東福寺です。
早朝一番に入りましたので、なんとか撮影できましたが、
混雑時に橋の上で立ち止まること、写真撮影は今年から禁止になりました。
そして順路も以前は通天橋から入れたのですが、最後に通天橋を通り出口と変更され、
通天橋の前後にある通路も出入り禁止になってしまいました。
多分ね、外国観光客が増えたからでしょう。
一部の外国人観光客は、とにかく長時間その場を占領し、譲るということをしません。
少しの気遣いで、みんなが気持ち良く観光できるのに、
このような規制がされ、少々残念に思います。

東福寺の紅葉は見頃ですが、まだ青い葉もありました。
今週末あたりがちょうど良いのではないでしょうか。

天龍寺 [紅葉]

DSC_3508.jpg

DSC_3514.jpg

DSC_3520.jpg

DSC_3586.jpg

DSC_3594.jpg

天龍寺のお庭は、この池の映り込みが綺麗なんですよ。
ゆったりと時間を忘れて、景色を眺めるのもいいものです。

嵐山の紅葉 [紅葉]

DSC_3487.jpg

今年も早朝の嵐山に行ってきました。

DSC_3500.jpg

さすがにこの時間には人もまばら。

DSC_3616.jpg

亀山公園からの眺め。

DSC_3631.jpg

ちょっといい感じのところが。
以前は茅葺だった屋根。

DSC_3635.jpg

根っこ、萌え。

DSC_3638.jpg

しばらく散歩していると、また私のあまり歓迎しない団体の方々がぞろぞろお見えになったので、
そろそろ引き上げ時間かなぁ。

DSC_3644.jpg

こんな秋晴れにお舟は気持ちいいでしょうね。

DSC_3647.jpg

「ここでは否応無しに被写体になります」と船頭さん。乗客、笑。
私の横にも数名カメラをお持ちの方々。

DSC_3612.jpg

やっぱり竹林ですよね。
でも早朝でも人が多くてなかなかタイミングが...

DSC_7778-2.jpg

11月12日の朝の嵐山です。
今はもう少し紅葉が進んでいるでしょう。

ウィンターカップ予選京都 3週目 [高校2016basketball]

DSC_2842.jpg

DSC_2820.jpg

DSC_2853.jpg

DSC_2900.jpg

DSC_3082.jpg

DSC_3144.jpg

DSC_3177.jpg

DSC_3243.jpg

DSC_3428.jpg

DSC_3333.jpg

FullSizeRender-10.jpg



ウィンターカップ京都府予選も最終週、府大会は男子は宮津、女子は舞鶴で行われました。
初日は金曜日、山の紅葉狩りも兼ねて京都縦貫をドライブして、初日だけ行ってきました。

亀岡の朝は霧が有名です。
うっすら霧に覆われた山々を通過すると、朝陽に照らされた紅葉が美しい風景が道の両側に広がっていました。
高速道路を運転中というこの状況。
撮りたい!けど撮れないorz
どこかで降りられないか、いや、パーキングでもいい、と考えている間に丹波のパーキングを通過...
と同時に雲行きが怪しくなってきました。
丹波から北は、日本海側の冬を思わせる鈍色の空。
あぁ、残念。
少し早く着いたら、いや、途中昼休憩にでも体育館を抜け出し、
由良川を渡る丹後鉄道を撮れたら、と考えていたのですが...断念。
京都市内はあんなに秋晴れの空だったのに。

やはり丹後鉄道は、改めて来年の夏に挑戦することにしましょう。

さて、本題の試合の方ですが、ベスト16が集まったこの試合ですが、各チームいろんな思いがあったでしょう。
ここまで勝ち残ってきたのに、いきなり東山や洛南と対決するチームは、勝てる可能性は低いという絶望感と、このステージからしか参加してこないシード校と戦えるのだという高揚感。
強豪校にどこまで自分たちの力が通用するのか、チャレンジしたい願望はバスケをしている人なら誰しも持っているのではないでしょうか。
この日は、そういう選手たちの熱意を感じる試合を見せてもらったように思います。
そして、3年生が残っているチームも、いよいよ本当のラストゲーム
清々しい表情の3年生と、まだ先輩とプレイしたいという後輩たちの涙が印象的でした。

結果は、東山が優勝し、京都代表となりました。
先のインターハイで全国準優勝の好成績を残した東山のおかげで、
京都は2校出場権があります。
ということで、洛南も全国大会に出場します。

結果はこちらをどうぞ
ウィンターカップ京都府予選結果

全国大会の様子は、J-SPORTSで放送されます。
スカパーを契約されていない方も、2週間の無料お試しでご覧になってはいかがでしょう^^
開催は12/23~29です。
http://www.japanbasketball.jp/release/26471