So-net無料ブログ作成
検索選択
私事ですが... ブログトップ

フォトコンで受賞しました [私事ですが...]

DSC_8299.jpg

「Fade Away」
〜ゴールから遠ざかるように後方へ跳びながら放つ難易度の高いシュート〜

京都スポーツ写真コンクールで、京都ハンナリーズ賞をいただきました。
2/25、表彰式でした。
3/21まで京都市市民スポーツ会館、3/22〜3/31ゼスト御池寺町広場にて展示されます。

昨年夏の近畿大会決勝での1枚です。
東山対洛南。
東山がウィンターカップ全国準優勝という成績が収められたのは、
この岡田選手の力が大きかったと思います。
3年間見てきましたが、素晴らしい選手で、今後が期待されます。
この写真で受賞できたのは、本当に嬉しいことですし、
選手のみなさんあってのスポーツ写真、みなさんに感謝です。
facebook、Twitterでは受賞が決まった2月はじめに報告済みですが、記念の記事とさせていただきます(*´꒳`*)

故郷 [私事ですが...]

DSC_7284.jpg

DSC_7282.jpg

DSC_7253.jpg

DSC_7274.jpg

DSC_7237.jpg

DSC_7249.jpg

DSC_7264.jpg

2016年は、義父の喪中であったことと、受験で家族揃うことがなく始まりました。
2月も半ばを過ぎて全て落ち着き、やっと我が家の正月がきたように思います。

故郷の駅から少し北へ歩いたところに、高校の同級生の店「カフェ ルーク」があります。
帰ったら一度行こうと思いながら、今になってしまいましたが、昔と変わらぬ笑顔で店長は迎えてくれました。

メニューに無意識に探していたソーダフロート、これは絶対あると確信していました。
彼女の好物クリームソーダ。
高校時代、一緒に喫茶店に行けば必ず一緒に飲んでいました。
彼女と出会うまではあえて注文することがなかった飲み物でしたが、爽やかで甘くてクリーミーな味は、女子高生である象徴の味に感じたものです。
クリームソーダを飲むときの嬉しそうな顔ったら^^
今でも丸いアイスクリームの浮かんだ緑のソーダを見るたびに、彼女の顔を思い出します。

この日のイチオシは、丸い鉄板、ふわっふわ熱々の「モンターニュ」というホットケーキ。
スフレ仕上げで、表面はサクッとしていて、中はふわふわとろとろです。
バターとシロップをかけていただきました。
店内はとても広くて素敵でしたよ。
カーショップを経営される弟さんのチョイスでしょうか、オブジェは年代物のお高そうなバイク
メダマは、私と同級生とは思えない若くて美人の店長さんです^^

DSC_7298.jpg

DSC_7302.jpg

DSC_7300.jpg

DSC_7311.jpg

カフェで懐かしさに浸った後は、義弟家族と義母と故郷にある焼肉屋で、また私の実家では両親と妹家族と、楽しいひとときを過ごしました。

先日は桃の節句でしたね。
母が吊るし雛の大作をこしらえました。
よくまぁ、こんな細かい作業をと感心します。
フルタイムで働く妹の代わりに家事をこなすまだまだ現役の父母、趣味もパワフルに満喫しております。

中高生の甥、姪たちは、半年ぶり1年ぶりの再会で、お互いの成長に驚いておりました。

義弟のお嫁さんと私は、初めてゆっくりと焼肉をお腹いっぱいいただいた気がします。
なんせ育ち盛りの子育ての食卓では母親は焼き役で、あっという間に子供達が平らげていき、それが満足感であり、またそれだけでなんだか胸焼けして食べられないものなのです。
放っておいても自分たちで注文して焼いてくれる、そんな些細なことで、ちょっと子育ても一段落した安堵感を感じてしまいました。

大学生にもなろうという子供達が、一緒にゲームをして遊びたいという幼さと、集まれば関係は変わらない従兄弟同士が可笑しくて^^;
終電を考えてまたの機会にと、京都へ戻ってまいりました。

卒業 [私事ですが...]

卒業、おめでとう。

DSC_7223.jpg

3月1日、小雪の舞う中、次男の卒業式でした。

DSC_7227.jpg

保護者役員をしておりましたので、長男の時とは違い、卒業生真横の本部席でした。
予想外のことでしたがスマホで動画を撮れたのは嬉しい誤算。
小中学では歌われなかった「仰げば尊し」が歌われたのは、本校に相応しく実に感慨深かったです。

DSC_7064.jpg

長男の時に好印象であった高校に、ぜひ次男もと送り込んだものの、
次男の性格には少し合わなかったかもしれないと、少々後悔しておりました。
結局、殆ど自宅では机に向かわず、赤本も買わずに挑んだ大学に合格できたのは、
毎日の朝テストや過去問題、毎晩9時までの自習に付き合ってくださった先生方のご指導のお陰です。
体や心の状態も実によく面倒みてくださり、まめに連絡をくださった担任の先生には、
本当にいくら感謝しても足りません。

DSC_7187.jpg

「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負け無し」

長男の時には、次男のバスケ大会遠征で長男の志望校のある土地へ向かった偶然。
今回もたまたま私の撮影や妹の仕事など、何かと所在地近くへ足を運ぶ機会があったことで、
導かれるべくして得た合格というご縁を感じずにはいられません。
まさに「勝ちに不思議」だったのではないでしょうか。

高校3年の夏に気胸を患ったため、長男のように遠方へやらすのは不安でしたので、
次男は自宅通学できる大学を選択しました。
親元にはおりますが、18歳で育児はほぼ終了です。
ひとり暮らしの長男同様、なるべく手を出さず自立させたいと思います。
そして、私は私としての人生を歩きだしたいものです。

DSC_7161.jpg

保護者役員の皆様と共に作り上げ、先生方と過ごした謝恩会は、
忘れられない楽しい時間でした。
先生方、友達、保護者のみなさんとのご縁に、心より感謝です。

DSC_7232.jpg

恩師より贈られた歌です。


星から降る金

年老いた王様 この世を嘆き
門を閉じ塀を高く築いた
王子様に言い聞かせたの ここより他に良い国はないと
夜の森で憧れの精が王子に囁く 旅立てと

夜空の星から降る金を探しに知らない国へ
なりたいものになるため
星からの金を求め 一人旅に出るのよ

道は険しいと王様は言った
この城に共に留まるのだ
お前を守るため城を閉ざした 王様は息子を愛していた
憧れの精がもう一度王子に告げた 旅立てと

夜空の星から降る金を探しに世界の果てへ
望むように生きるなら
星からの金を求め一人旅に出るのよ

愛とは解き放つことよ
愛とは離れてあげること
自分の幸せのためでなく
涙こらえ伝えよう

夜空の星から降る金を探しに知らない国へ
なりたいものになるため
星からの金を求め一人旅に出て行くのよ
険しい道を越えて
旅に出る

今年もよろしくお願いします [私事ですが...]

DSC_7753.jpg

新年がスタートしましたね。

私事ではありますが、3日に義父の一周忌法要を無事終えることができました。

4日には私の仕事始め、長男も大学の講義開始でしたので、少々慌ただしくはありましたが、
短期間ながらも家でゆっくり家族団欒のひとときを過ごせました。

2時間足らずですが、帰国している親友とも会えました。
こんな時代ですので、電話やSkypeで時々話してはいるのですが、
やはり顔をあわせて会話するというのは特別な感じがします。

甥や姪の成長に驚き、
父母の背中の小ささが愛おしく、
兄弟姉妹や友にお互い重ねた年月を感じ、
こうして笑顔で集まれることに感謝した平成28年のはじまり。

DSC_4827.jpg

京都では、年の締めくくりも、新年も、
いつでも温かく迎えてくれるこの店。


今年の抱負は「新たな挑戦」
カメラと向き合っていきます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

一週間遅れの... [私事ですが...]

誕生日サプライズのコピー.jpg

バースデーカード2.jpg

ballのコピー.jpg

昨日は、いつもの元バスケ部ママの集まり、いつもの女子会でした^^
「そろそろ集まりましょうよ」と声をあげてくださった毎回幹事のSさん。
実は、いろいろ計画して下さっていたようです。

私事ですが、実は、一週間前に誕生日でした。

誕生日前後一週間、または50歳以上がひとりでもいると、3時間食べ放題飲み放題。
誕生日利用の場合は、集合記念写真を店内に飾られます^^;
最後に、ショートケーキがひとりひとつずつ出ます。
ちょっと恥ずかしいけど、記念やしええんちゃうの〜と、皆さん写真も了承してくださいました。

毎度のことですが、会話は宙をスクランブル交差点状態^^;
これでもみんな楽しいし、会話も成立するから可笑しいですね!

彼女が出来た息子さんをお持ちのママは、早くも不安げ。
「はぁ?もう姑みたいなこと言うてはるで!あかん、あかん!どうすんの、ついてくつもりかいな!」
と、まぁ、彼女のいない息子の母たちは気楽なものです。
息子に執着しない母親はいないと思いますが、
だめだめ、気にしてへんで〜っていう顔してなあきません。
「うちら彼女いてへんもんなぁ〜。将来、孫、見れるんかいな」
相変わらず好き勝手な、漫才のような会話で盛り上がりました。

そしてラストのケーキが運ばれてくるころ、

なんと、サプライズが!

ママたちからお菓子と、
「これはこどもたちからやで、開けてみて」

なんと、そこには手書きのメッセージと写真付きの
バースデーカードが...
息子をはじめ、あのチームメイト11人からでした!

感激して、本当に本当に嬉しかったです^^

Sさんが密かに計画して下さったのでしょう。
みんなバラバラの高校に通っているし、ふたりは5kmほど離れた町に引っ越している中で、
どうやって寄せ書きをしてくださったのか、本当に有り難いことです。
そして、それに素直に協力してくれたみんな。
メッセージの内容も、ひとりひとり温かく嬉しい内容でした。

本当に、ママさんたち、チームのみんな、ありがとうございました^^

「おばあちゃんになっても、この集まりは続けていこな」と言い交わした昨夜。
あと数年で巣立っていく彼らですが、その成長に寄り添い、
楽しさも寂しさも共有していける仲間があるのは、有り難いことですね。

いよいよ10月です。
ウィンターカップの京都予選が始まります。
元チームメイトのうち7人がバスケ部で頑張っています。
みんな、応援&撮影に行きますから、勇姿を見せてくださいね。
まずは1勝!

私事ですが... ブログトップ