So-net無料ブログ作成
検索選択
ラグビー ブログトップ

高校ラグビー京都決勝 京都成章vs伏見工・京都工学院 [ラグビー]

恒例のラグビー京都決勝に、今年も行ってきました。

京都成章vs伏見工業・京都工学院

DSC_3693.jpg

黄色と青のユニフォームは京都成章。
赤は伏見工業あらため伏見工業・京都工学院、スクールウォーズのモデル校で故・平尾さんの母校です。

DSC_3735.jpg

DSC_3756.jpg

前半、両者なかなかトライが決まりませんでした。
力はほぼ互角、いい勝負です。

DSC_3811.jpg

前半19分、先に伏見工業がトライ5点、ゴール2点決め、7点。
30分に成章がトライ5点、ゴール2点で、7点、同点に追いつきます。

DSC_4008.jpg

後半5分成章トライ5点追加、12点。
10分伏見工業トライ5点追加、12点。
15分成章トライ5点追加、17点。
両者ゴールは決まらず。

DSC_4032.jpg

ここで、ルールに疎い私にはわからなかったことが。
成章のフリーキックがあったんです。
どうやら伏見工業にファウル→訂正:反則があり、成章にはいくつか選択があるらしいのですが、
26分、キックを選び成功したことにより、3点加算、ここで成章は20点。

DSC_4196.jpg

DSC_4347.jpg

DSC_4407.jpg

34分、残り時間はわずか、ここで根性の伏見工業がトライを決め5点追加、17点。
しかし、キックはゴールを逸れました。

(ここで、もしゴールが決まっていても2点追加の19点、成章の20点に1点とどきませんから、
あの時、キックを成功させた成章の3点は大きかったわけなんですね)

DSC_4579.jpg

試合終了。

DSC_4611.jpg

ノーサイド
両者、敵味方を超えて、お互いを讃え合い、握手や抱擁を交わします。

DSC_4655-2.jpg

表彰式を終え、応援席に駆け寄る選手たち。
この瞬間が一番涙を誘います。

DSC_4710.jpg

天国の平尾さんに勝利を捧げたかった伏見工業、悔しさが込み上げます。

DSC_4664.jpg

第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会京都府予選決勝 11月13日(日) 
宝ヶ池球技場
伏見工業・京都工学院 17-20 京都成章 (前半7-7)
京都成章高校が2年ぶり8回目の優勝を果たしました。

DSC_4716.jpg

今年もまた、湯浅監督が宙を舞いました。
おめでとうございます。

高校ラグビー京都決勝 [ラグビー]

ラグビー京都決勝-1150.jpg

ラグビー京都決勝-1153.jpg

ラグビー京都決勝-1210.jpg

ラグビー京都決勝-1170.jpg

ラグビー京都決勝-1249.jpg

ラグビー京都決勝-1523.jpg

ラグビー京都決勝-1549.jpg

ラグビー京都決勝-1567.jpg

ラグビー京都決勝-1560.jpg

ラグビー京都決勝-1268.jpg

高校ラグビー京都決勝は、伏見工業と京都成章。
伏見工業は、あのスクールウォーズのモデルとなった昔からの強豪校です。
そして京都成章は、最近伏見を凌ぐ強豪で、過去最高で全国3位でした。

先制トライ(5点)は成章でしたが、キック(2点)はポールに弾かれてしまいました。
前半26分、伏見工業7-5京都成章。
ラスト30秒、逆転を狙った成章でしたが、チャンスを叶えることができませんでした。

伏見工業は3年ぶり19回目の京都優勝、20回目の花園行きの切符を手にしました。
敗れた京都成章ですが、近畿枠での花園行きの可能性がまだあるそうで、
なんとか実現を祈ります。

伏見工業、おめでとうございます。
京都成章、お疲れ様でした。
京都ラグビー史に残る見応えある接戦、ありがとうございました。

高校ラグビー京都決勝 [ラグビー]

DSC_5025のコピー.jpg

DSC_5040のコピー.jpg

DSC_5266のコピー.jpg

DSC_5269のコピー.jpg

DSC_5314のコピー.jpg

DSC_5346のコピー.jpg

DSC_5399のコピー.jpg

DSC_5415のコピー.jpg
ゲーム終了

DSC_5418のコピー.jpg

DSC_5431のコピー.jpg

DSC_5445のコピー.jpg
表彰式

DSC_5479のコピー.jpg
仲間のもとへ駆け寄る選手たち

DSC_5484のコピー.jpg

DSC_5508のコピー.jpg

DSC_5546のコピー.jpg

11月16日14時、宝ケ池競技場で高校ラグビー京都府予選決勝が行われました。
京都では、あのスクールウォーズのモデルになった伏見工業と、京都成章が京都代表常連校です。
今年、決勝の舞台に立ったのは、同志社と京都成章。

「京都成章は前半17分、スクラムから展開してWTB浜田が先制トライ。
23分にも浜田のトライ(ゴール)で加点した。
同志社は積極的に展開して攻め続けたが、後半29分にFB安田が挙げた1トライにとどまった。」
〜京都新聞より

京都成章12-5同志社

3年ぶり7度目の優勝を果たしました。
おめでとうございます!
京都成章は12月27日に花園ラグビー場で開幕する全国高校大会に出場します。

ラグビー観戦は初めてでした。
夫は前日から行く気満々でしたが、ルールもわからない私は、
まぁお天気もいいしと軽い気持ちで行ったのですが。

よくわからないままも、男と男の激しいぶつかり合い、
熱いゲームに引き込まれていきました。
(バスケ用の装備で行かなかったことを後悔...)

そして、ホイッスルが鳴って試合終了。

ノーサイド(No-Side
このノーサイドの笛が鳴れば、敵も味方も関係なく同じラグビーを愛する者として、健闘を称え合うのだそうです。

すれ違い様の握手が印象的でした。
これはもう一度、表彰式の後にも行われました。

粛々とした表彰式、観客席へのお辞儀のあと、彼らは普通の高校生男子の顔に戻り、
歓声とともに仲間のもとへ駆け寄って行きます。
両手を広げて迎え入れる仲間たち、抱き合って涙する選手たち。
思わず貰い泣きの瞬間です(T▽T)

いつまでも胴上げと歓声は続き、
競技場に流れるユーミンの「ノーサイド」が、彼らを優しく包み込んでいました。

感動をありがとう。
花園での健闘を祈ります。

http://seisho-rugby.com/


*屋外ですが、やはり明るいレンズは必要な気がしました。
やはりスポーツは、設定もマニュアルでないと思うように撮れません。
教訓、荷物が重くても、常に明るいレンズを装備せよf^_^;)


ラグビー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。